受付・事務の紹介

  • HOME
  • 受付・事務の紹介

INTERVIEW

インタビュー

川鍋 リーダー

川鍋 リーダー

当院で働きたいと思ったきっかけ

院長に「戻って来ない?」と声をかけてもらったことがきっかけです。話を聞いていると、良い意味での変化が多くある中で院長の仕事に対する熱意などは変わっておらず、お手伝い出来たらなと思い、受付・事務の仕事を頑張ろうと思いました。みなみ野動物病院で最初に入社したときはトリマーとして勤務していました。

イメージ

入社時、大変だったこと

受付・事務専任スタッフという役職は病院として初めてのことですので、仕事内容等いろいろと手探り状態でした。しかし今では、受付・事務として他のスタッフがそれぞれの仕事に専念できるようサポートできる分野を見つけ、取り組んでいます。

今後の目標

患者様が先生に聞けなかったことを受付スタッフに気軽に質問できる雰囲気や、オーナー様だけでなく動物たちにも安心して通ってもらえる病院であり、待ち時間も快適に過ごしてもらえるような環境づくりをしていきたいです。
患者様はもちろんのこと、病院スタッフ、サロンスタッフに対しても様々な面でサポートしていけたらと思っています。

イメージ

町田 サブリーダー

町田 サブリーダー

当院で働きたいと思ったきっかけ

以前トリマーとして働いており、退職後は患者として通っていました。そんな時に院長から「また戻ってこない?」と声をかけてもらいました。以前よりも労働環境が整い、より良い病院を築き上げたいという院長の熱意を感じたことと、必要とされたことを嬉しく思い、戻る決意をしました。

イメージ

入社時、大変だったこと

ミスをしていないか、やり残したことはないかなど、不安に思うことがありますが、一緒に確認したり助け合える仲間がいる職場なので安心できます。私も川鍋さんと同様に出戻り組み(一度退職し、復職)なのですが、患者様が顔馴染みだったり、スタッフの雰囲気がアットホームなので、戻ってきてよかったと思います。

今後の目標

第一印象で感じの良い病院と思って頂けるような雰囲気づくりや、患者さまを第一に考えて行動する事。また、患者さま・獣医さん・動物ケアスタッフさん・トリマーさんとの潤滑油として一翼を担う存在になれたらと思います。

イメージ

廣間院長による川鍋さんと町田さんの紹介

もともと川鍋さんと町田さんは、当院でトリマー兼動物ケアスタッフとして勤務されていましたが、数年間勤務されたのちに退職されました。
元々当院では動物ケアスタッフさんが受付業務を行ってくれていましたが、診療時間中、動物ケアスタッフさんの業務の多くが受付業務となってしまう為、看護業務と受付業務の分業ができないだろうかと模索している中、転職を考えていた川鍋さんと町田さんに再会し、当院初めての受付兼事務スタッフとして戻ってきてくれる事になりました。病院の受付は、まさしく『クリニックの顔』となる存在であり、この分業が病院にとって幸となるかとても不安でしたが、患者さんやスタッフへの気配り、仕事への責任感、そして彼女達の明るさや優しさと、2人の力により不安はすぐにかき消されました。
二人とも復帰してくれて、そして当病院に受付兼事務というポジションの確立に大きく貢献してくれて、とても感謝してます。